手術直前

このところ、良くない事が続けざまにあった。
その極み、というか、極みであってほしいのがコレ。

俺の手術。


きっかけは年末の人間ドックだった。軽い気持ちで受けてて、特に何も無いだろうと油断していたら、
「大腸ポリープ大きくなってますね。これは取った方がいいね。手術しましょう。今度泊で来て下さい。」

?何だとーー!

まぁ大腸ポリープあるのは知ってたけど、大きくなったの~?
何で~?

なんて嘆いてもしょうがない。こうなった以上取るしかない。他に選択枝は無い。


ということで、入院しました。さっき。

今は病院の個室の中。
個室なだけになかなか居心地は悪く無い。

俺自身は入院なんてほぼ初めての経験。幼稚園の頃扁桃腺の手術して以来だから・・・・え?ひょっとして40年ぶり近くになっちゃうの?

入院って言っても、身体は元気そのもの。昨日までバリバリ仕事だったし、一昨日は入院前ラストランもしてた。

何が辛いって、昨日の9時以降食べてないこと。そして今日は2リットルの下剤以外、何も口にしていない事。それが明日の朝まで続く事。さらには、点滴始まって、それも明日まで続く事。

いや~予定どおりなんだけど、辛いな~

11時に入院して即点滴開始。以降ただ寝てるだけ。
ヒマ。ここ数年、いや、もっとかもしれないな、これだけヒマでやる事ないの・・・
それも苦痛だな・・・

点滴刺しっぱも慣れてきたし、トイレでもいってみっかな・・・・


ってか、やっぱり手術が気になる!

手術ったって、内視鏡手術だから、いつもの人間ドックの検査と同じ様なもんなんだけどね~
そう思ってもやっぱり手術だから気になるよな~

さっき担当の先生来て「今日は取るのだけに専念して奥の方は見ないからね~」と言ってた。それは助かるし、願ったり叶ったりだよ。ドックでひととおり見てるから他の心配は無い、と言われた様なもんだしね。

手術は夕方になっちゃうらしい。

仕方ないからソワソワして待っていよう。

それしか出来ないし。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック